大会概要
ホーム ≫ 大会概要 ≫ ゲストティーチャー

島崎 徹

振付家

TORU SHIMAZAKI , Choreographer

 GOH BALLET ACADEMY(カナダ・バンクーバー)にて奨学生として学んだ後、カナダ、オーストリアなどでリン・シーモア、チュー・サン・ゴー等著名アーティストと創作活動を行う。1990年よりSITTER SCHOOL OF DANCING(カナダ)のバレエ部門主任兼振付家として活躍。1998年、日本舞踊批評家協会新人賞受賞。ローザンヌ国際バレエコンクールでは、1999年・2011年に審査員、2001年か2003年までは、コンテンポンラリー課題曲振付家に選ばれる。作品は、Royal Flanders Ballet(ベルギー)、Hubbard Street Dance Chicago(アメリカ)、Colorado Ballet(アメリカ)、Grand Theater de Geneve(スイス)、Introdans(オランダ)、Singapore Dance Theater(シンガポール)等をはじめ世界各国の舞踊団のレパートリーになっている。シルクドゥ ソレイユ キャスティング パートナー。2005年度より神戸女学院大学音楽学部舞踊専攻教授。

キミホ・ハルバート

ダンサー 振付家

KIMIHO HULBERT , Dancer-Choreographer

 ベルギー生まれのイギリス人。5歳より岸辺光代のもとでバレエを始め、アントワープバレエ学校 (ベルギー)を経て、94年コロラドバレエ団(アメリカ)入団。クラシックバレエの他、93〜00年青山バレエフェスティバルにて、日本のダンスシーンを牽引する島崎徹、金森穣、北村明子、武元賀寿子、鈴木稔等の作品に参加。97年帰国後は、新国立劇場バレエ団(現在、登録ダンサー)をはじめ、日本バレエ協会公演、都民フェスティバル等にソリストとして活躍する一方、振付家としての活動を開始。01年自身で振付・演出を手がけ、ダンサーとしても参加する『ユニット・キミホ』結成。グループでの活動の他、日本バレエ協会、NBAバレエ団、東京シティ・バレエ団、新国立劇場バレエ研修所、青山劇場公演等で作品を上演。堤幸彦監督映画「溺れる魚」の振付、劇団昴「夏の夜の夢」、新国立劇場オペラ「軍人たち」振付(演出:Willy Decker)、Johnson and Johnson CM、アンジェラ・アキ「始まりのバラード」PV等、舞台以外でも振付活動を行い、海外では韓国、ペルギー、オランダなどにも招待され作品を発表している。また、若いダンサーの育成にも力を入れ、様々なスタジオにてコンテンポラリークラスやワークショップを担当。近年では、ローザンヌ国際バレエコンクールのファイナリストの為にコンテンポラリー作品の振付も手がけている。07年横浜ダンスコレクションRソロ×デュオ<Compétition>+ファイナリスト。同年3月UNIT KIMIHO初の自主公演「GARDEN OF VISIONS」を世田谷パブリックシアターにて開催。オンステージ新聞アンケートによる新人振付家ベスト1に選出される。08年3月札幌芸術の森バレエセミナー20周年記念公演Body & Imageにて「AGUA」上演。2009年UNIT KIMIHO第2回公演「White Fields」開催。2010年トヨタ コレオグラフィーアワード 2010「オーディンス賞」受賞、「ローザンヌ・ガラ」オープニング作品振付、オランダ国立歌劇場「兵士たち」振付・出演(演出:Willy Decker)。2011年2月新国立劇場バレエ研修所「Little Mermaid」振付、5月新国立劇場バレエ団Dance to the Future 2011 「Almond Blossoms」振付。
※ゲストティーチャーは予告なく変更になる場合があります。